若年層サンプリング(SURF&SKATE)

2020東京五輪種目となったサーフィン、スケートボードのイベント(屋内外)やスクールでのサンプリング、ブランド店舗を使ったサンプリングや展示などがご提案可能です。年齢層やエリアをセグメントでき、ブランディングにもなるメニューです。

※イメージ写真

企画の背景

2020東京五輪種目となったサーフィン、スケートボードは、注目のスポーツとして、TVや新聞などでも選手やイベントがピックアップされています。オリンピック競技になったことで、特にスケートボードの公共施設が増え、スクールも充実していることから、子供達を始め、競技者人口が急増しています。2024年パリ・オリンピックでもサーフィンやスケートボードが追加種目として承認されたことから、市場が拡大していくスポーツだと考えられます。この市場にPR(投資)をしていくことが、今後のビジネスに有利に働くことは明らかです。



弊社の特徴

私は、サーフィン、スケートボードなどのジャンルに10年以上携わっております。過去には広告代理店にて著名サーフブランド、スケートボードブランドの広告代理業やPR、世界最大級のスケートボード専門誌「トランスワールド」の日本版や、サーフブランドなども含めたストリートファッション誌にも携わっていました。「市場」と「ブランディング」を理解しているため、これからサーフィンやスケートボードにPRをしていきたい、ブランディングしていきたい企業様に対し、ご予算の中で、効果的なPR方法のご提案が可能です。



サーファーやスケーターの特徴

これらのスポーツに関わる若年層は、インフルエンサーとして影響力を持っており、拡散力、表現力に富んでいます。また、コミュニケーション能力に優れ、良い商品は積極的に仲間にすすめ、コミュニティを形成しています。



サンプリング 実績事例

《某 炭酸飲料》

●全国の商業施設や屋外で開催するスケートボードのイベントにて、

炭酸飲料をキッズスケーターやご家族にサンプリング。

 

《その他》

サプリメント

化粧品

芳香剤

健康グッズ

エナジードリンク

時計など

 



コラボ 事例Ⅰ

タブレットPC × アパレルブランド》

タブレットPC(マイクロソフト)の購入特典として、BEAUTY&YOUTH、BRIEFING、Hurley、MOUSSYなど、計5社のオリジナルカバーをプレゼント。ブランド店舗での商品展示や、ブランドのホームページ・SNSなどで配信を行いました。キャンペーンが功を奏し、商品の完売に成功しています。



コラボ事例 Ⅱ

 《カフェ × スケートブランド》

カフェ「STREAMER COFFEE COMPANY」にて2週間限定で、人気アパレルブランド「XLARGE」とのコラボメニュー(ドリンク、ビスコッティ、ブランドステッカー)を企画。メディア関係者やブランド店舗での対象商品購入者に、コラボメニュー無料チケットを配布。期間中、カフェの来店が2倍に増加しました。



進め方

サーフィンやスケートボードのイベントやスクールは、全国的に多数開催されております。その中でビギナーからプロ、小学生から若年層まで、様々なイベントの中から、最適なPR・サンプリングのご提案をさせていただきます。

 

尽きましては、ご希望やご予算、サンプリング数量、展開時期、エリアなどを

ヒアリングさせていただきます。

 

《イメージ例》

①ヒアリング ②ご提案 ③調整 ④実施



お問い合わせ

メモ: * は入力必須項目です